カルメンクルシージョ2019


今から20年前、大阪のエル・フラメンコでカルメンの歌と踊りを見たとき

血が騒いだことを思い出します。

ヒタ―ナの血を引き継ぐカルメンは、まさに血で歌い踊ります。

彼女は、幼少の時から著名なサラ・バラスの母コンチャ・バラスに師事し

コンチャが率いるクアドログループで実績をつみ

カンテの才能も開花して、更に活動の幅を広げました。

カンテを聞きながら踊るのはフラメンコの基本ですが、
この基本を分かりやすく教える達人でもあります。

今回、振付クラスでは簡単にカンテを学びながら

カンテにあわせてどう踊っていくか

新しいスタイルのクルシージョをご用意しました。

全クラス、カルメンのパートナーであるギタリスト ホセの伴奏がはいります。

 

カンテにあわせてどう踊ったらいいのかよくわからない人

音楽を感じながら踊ることを体感したい人

自分の心を開放したい人

フラメンコのノリを体で感じたい人

是非、いらしてください。

 

大阪にプチフラメンコ留学してみませんか?

 

企画プロデュース 松本真理子

 

 

カルメンのブレリア バイレ en San Fernando

 

カルメンのブレリア カンテとバイレ en Jerez

 

 

カルメン・ラ・ティコ (フラメンコカンタオーラ・踊り手)
Carmen la Tico


カディス出身のカンタオ―ラであり、踊り手でもある。
著名なサラ・バラスの母親コンチャ・バラスが統率するクアドログループ“ロス・ニーニョス・デ・ラ・テリトゥリア“で、踊り手としてサラ・バラスと共にプロ活動を始め、スペインのみならずヨーロッパ全土の公演に出演する。

1982年、カディスのアトランティコホテルで、ソフィア女王陛下と王子、王女、オーストリア王子の前で、フラメンココンサートを上演する名誉を得る。

1991年 スイスで、ブリヒタ・ルイサ・メルキ率いる“フラメンコ・エン・ロウテ”舞踊団のラ・セレスティナ公演にて、踊り手として出演。 

1992年頃からカンテの仕事も始め、
ドイツのハンブルグ、フラゲンフェスティバルにて踊り手として出演。
同年、マルコプロダクション主催のスウェーデンツアーに踊り手、カンタオーラとして参加、スウェーデンテレビ局にも出演する。

1994年 セビージャのビエナルで、ロペ・デ・べガ劇場のフラメンコ・エン・ルーテ舞踊団公演に出演。

1985~1991年 カディス、サン・フェルナンドのコンチャ・バラス学校でバイレ(踊り)を教える。

1999年は大阪のタブラオ エル・フラメンコに半年出演して熱いカンテと踊りで観客を魅了し、帰国後も頻繁に来日してライブ活動や教授活動をする親日家でもある。

カンテとバイレの両方ができる上、音感や音楽センスは抜群で定評がある。

現在はカディスを中心に、ヨーロッパ各地で活躍中。

 

 

カルメン ラ・ティコの特別クルシージョ2019

 

9月2日までの申し込み状況を赤字でお知らせします。


■開催日時

2019年

11月3日(日)

13:00-14:00 A: 基礎テクニカ →定員一杯キャンセル待ち

14:10-15:10 B: アレグリアス →定員一杯キャンセル待ち

15:30-16:30 C: タンゴ →残り数名

16:40-17:40 D: フィエスタ用ブレリア  →定員一杯キャンセル待ち

 

各クラスの受講定員18名までの予定


※全クラス、レッスンはスペイン語ですが、松本の通訳がはいります。

※振付クラス最後に、2グループにわかれてビデオ撮影タイムを設けます。
振付を忘れる、という心配はありません。
ただ、カルメンがビデオ撮影に応じてくれるかは確約できませんので、予めご理解ください。

内容:

A: 基礎テクニカ

初級以上対象のクラスで、ブラソや足のテクニカ中心になる予定です。
ソニケテといって、フラメンコの絶対的コンパス感、ノリをつかむテクニカになります。
後半30分はギター伴奏(ホセ・マヌエル)がはいる予定で、伴奏代は料金に含まれます。

B: アレグリアス
カディス発祥のアレグリアスは、カディスの人に習うのが一番。カディス出身のカルメンのカンテを少し学びながら、歌にあわせてどう踊るのか、身体で感じてもらうクラスです。初級以上が対象です。
1時間ギター伴奏(ホセ・マヌエル)がはいる予定で、伴奏代は料金に含まれます。

C: タンゴ
タンゴのレトラ(歌)を少し習いながら、歌のノリにあわせてどう踊っていくのかを学ぶクラスです。カンテにあわせて踊れない、という人は是非受講してタンゴのセンティード(ノリ)をつかんでください。 初級以上が対象です。
1時間ギター伴奏(ホセ・マヌエル)がはいる予定で、伴奏代は料金に含まれます。

D: フィエスタ用ブレリア
初級生対象のクラスです。ブレリアが初めての人でも踊れるフィエスタ(お祭り)用の簡単な振付をしてもらいます。
これもブレリアのレトラ(歌)を少し習いながら、歌のノリにあわせてどう踊っていくのかを学ぶクラスです。カンテにあわせて踊れない、という人は是非受講してブレリアのセンティード(ノリ)をつかんでください。
1時間ギター伴奏(ホセ・マヌエル)がはいる予定で、伴奏代は料金に含まれます。

 

■開催場所

大阪 西三荘 スタジオ プランタ・イ・タコン

■クルシージョ代

★事前振込料金

基礎テクニカA 1クラス(1h) 5000円

振付クラス(B,C,D) 1クラス(1h) 6000円

※2クラス目から500円引き。

1日全4クラス(4h)20000円

※全て税込み価格。

 

★当日現金支払い

基礎テクニカA 1クラス(1h) 5500円

振付クラス(B,C,D) 1クラス(1h) 6500円

※2クラス目から500円引き。

1日全4クラス(4h)22000円

※全て税込み価格。

※受講日より1週間前の申し込みは、当日現金扱いになります。

 

■お申込方法

一般申し込み開始は 7月3日(水)10時より

過去受講生による先行予約は 6月26日(水)10時より

メールタイトルに「カルメンの特別クルシージョ申し込み」と明記の上、

お名前、ご住所、連絡先電話番号、メールアドレス、フラメンコ歴、希望されるクルシージョ受講日とクラス名を、メールで事務局宛に申し込んでください。

 

スタジオ プランタ・イ・タコン 事務局

info@planta-y-tacon.com

Tel&Fax: 06-6900-3877 

(平日13:00~22:00、土曜日11:30~17:00)

 

お申し込みをいただいた後、受付メールを返信させていただきますので
指定の銀行口座に2週間以内(申し込みがぎりぎりの場合クルシージョ開催日の5日前まで)に受講料を振り込んでください。

また、まれにメールが届かないことがございます。

特に携帯メールアドレスは、パソコンからのメール受信拒否設定されている方が多く、送受信できないことがよくあります。

5日たっても返事がない場合、大変お手数ですが事務局までお電話をください。


■キャンセル料


2ヵ月前まで 受講料 30%

1ヵ月前まで 受講料 50%

1週間前まで 受講料 70%

前日当日 受講料 100%

※返金振込み手数料のご負担はお願いします。


■主催 

エモシオン株式会社 松本真理子

Mariko Matsumoto, Emocion S.A

Mariフラメンコ教室ホームページ>>

 

★2019年10月26日27日にアレハンドロ・モリネロ クルシージョも開催します。

アレハンドロ・モリネロ クルシージョ 詳細>>